FC2ブログ

記事一覧

淫獸たちの餌食に(5)

  ...

続きを読む

淫獣たちの餌食に(4)

   ...

続きを読む

淫獣たちの餌食に(3)

...

続きを読む

婬獸たちの餌食に(2)

...

続きを読む

婬獸たちの餌食に

...

続きを読む

陵辱妄想小説(ゲイSM)17恍惚

瑞樹(みずき)の裸体は、誰もいなくなった夕暮れの広場に縛られたまま放置されていた。気を喪ったまま、呼吸も疎らになっていた。その宴が始まる前に、佐吉によって、規定の量を遥かに越えるクスリを注射されていたのだった。そこにひとりの大柄な若い男がやって来た。吉岡だった。吉岡は、縄を解いて、ぐったりとした瑞樹の身体を抱き抱えて、山の方へ入っていった。やがて、今は使われていない山小屋に辿り着いた。小屋に入ると、...

続きを読む

陵辱妄想小説(ゲイSM)16餌食

瑞樹(みずき)の身体は、全裸で縛られたまま、野原に転がされていた。その回りを眼をギラつかせた男達が取り囲んでいた。 「こいつを好き放題にしてもいいようだぜ」「伊達の愛人の身体を俺達が玩具にできるなんて興奮するぜ」「いただいちゃおうぜ」「やっちまおうぜ」ひとりの男が、瑞樹の身体を蹴っ飛ばした。それを合図に男達が、瑞樹の身体に群がった。ある男が瑞樹を抱き起こし、頬をビンタした。男達は瑞樹の身体をなぶ...

続きを読む

陵辱妄想小説(ゲイSM)15生贄

瑞樹(みずき)は、全裸で縛られ、広場の大木にくくりつけられていた。金村は配下の社員を集め、広場でバーベキューパーティーを開催したのだ。その出し物の一つとして、瑞樹の身体が晒されていた。 既に幹部達の間では、瑞樹の身体は曝され、なぶられもしていたが、下端の連中や若い連中にとっては、これが噂に聞くあの伊達雅人の愛人だった男であり、ついこの間まで、親分のペットとして可愛がられていた男の身体かと興味津々...

続きを読む

陵辱妄想小説(ゲイSM)14ペット

瑞樹(みずき)は、全裸で首輪をされ、ソファーに腰掛けた金村の足下にいた。首輪についたリードは、金村の左手に握られていた。そしてその右手にもリードがありその先、金村の右足の下では、大型犬が寝そべっていた。瑞樹は正にペットとしての飼われていた。心も金村に支配されてから、逆に優しく抱かれることはなくなった。金村の瑞樹に対する扱いは、明らかに変わってしまった。瑞樹は金村に愛されたくて、その時も夢中で足下にじ...

続きを読む

陵辱妄想小説(ゲイSM)13完堕

瑞樹(みずき)は、全裸で足首を縛られ、逆さに吊るされていた。そしてその身体は、佐吉の手によってなぶられていた。乱暴に揺すられ、鞭打たれ、そして優しく撫でられ、佐吉の手管に翻弄されて、瑞樹は喘ぎ声をあげ続けていた。その様子を金村は少し離れたソファーに座り、ワインを飲みながら、にこやかに眺めていた。そしてその手には、リモコンのスイッチが握られていてそれによって、瑞樹に挿入されたバイブが操作された。それは...

続きを読む

プロフィール

アンティノウス

Author:アンティノウス
男の人に縛られて、陵辱されて、撮ってもらった画像がたまってきました。少しずつアップしていきたいと思います。ハードなものはありませんが、興味を持っていただけたら嬉しいです。よろしければ感想なんかをお聞かせください。(ゲイSM)